orange 第5巻【完】

orange5

著:高野苺 先生

orange5-1

翔を死なせないために…
みんなそうやって頑張ってる。
そのために未来を変えようと
それぞれが頑張っているけど、
それでも変えられないこともある。

須和が菜穂に告白した日。
菜穂が翔を怒らせてしまった日。

そんなことを繰り返さない
ようにと思ったのに、結局
菜穂と翔は喧嘩してしまい…

orange5-2

『翔を 助けたい』

高校生の彼らに手紙を出すことに
なったきっかけが明らかになった。
過去への後悔、過ぎた今となっては
どうしようもない過去への思いで、
賭けの様なものだったかもしれない。

出来る可能性なんてすごく
低かった。それでもとても
小さな希望に願いをこめて、
彼らは手紙を書いたんだね。

それが、本当に届いて
しまったんだろう。

orange5-3

何度も後悔した。
何度も失敗した。

それでも諦めないで翔と
話そうとした。そんな思い
…やっと届いたんだね。

未来の自分達の過去に
翔が亡くなった日の前日。

菜穂と翔は付き合うことになった。
今までは、全然ちゃんと伝えて
これなかった気持ちを伝えた。

これで、翔の未来が変わるといい。
お願い、もう、1人で傷付いて
全てを諦めるのはやめて…。

orange5-4

翔の、亡くなったお母さんの話。
最後の最後まで上手くは
いっていなかったようだ。

本当は翔を思っての母親の行動
だったことも、結果的に翔に
嫌な思いばかりさせていて…
そんな日々の末に母親は
あんなことになってしまった。
母親の本心を翔が知ることもなく。

2/15 翔がいなくなった日。

その原因になったのは、母親の
携帯電話を偶然見つけたこと。
母親が亡くなった日に、未送信
になっていたメールを見つけた。
母親の本当の気持ちや優しさが
そのメールには込められていた。

それを見て、そんな思いに全く
気付けないまま死なせて
しまった、謝らなきゃって、
それで死のうとしたようだった。

そして、この世界でも、翔は
死のうと車の前に飛び出す。

………けれど

思いとどまった。
翔の心に残った闇はまだ
全然消えてないかもしれない。

それでも、この日の彼の死を
止めることが出来た。

良かった!!ほんと良かった!!!

orange5-5

タイムカプセルに入れた手紙。
翔がいなくなってしまった
世界の手紙には、自分宛の
手紙を入れろってことだった
のにみんなに宛てた内容ばかり
だった翔だったけど、変わった。

未来の自分へのメッセージ。

これから先も、たくさんつらい
ことがあるかもしれない、
それでも1人じゃないから、
菜穂が、みんながいるから。

翔もいる、6人の未来に向かって
しっかり生きてください。

orange5-6

先生の作品と、そしてあとがき。
全てを読んだ上で、心から
素敵な作品だったと感じます。
命の大切さ、かけがえのない
今という時間の大切さ。

本当にたくさんのことを感じ
考えさせられた作品でした。

本編ストーリー内にはなかった
彼らの10年後の世界、翔が
いる未来がほんと嬉しくて…。

今を精一杯生きたい、そして
これからも頑張っていきたい。
そう思わせられた作品です。

~ひとこと~

はじめに、他作品レビューの
途中だったのですが、orangeの
最終巻が発売したと聞き、
(11/12)早く皆さんにレビュー
をお届けしたかったので、
レビューをさせて頂きました。
ご了承ください…。

orange最終巻でした!!
春色アストロノートも
最終話だったのですが、
あえて高野先生のあとがき
を載せさせて頂きました。

アストロの方も、素敵な
エンディングでしたよ!!

5巻では翔が1人で抱え続けた
思いも明らかにされている
んですが、それよりも更に
お伝えしたい点が多すぎて…
ご紹介できず申し訳ないです。

orange終わってしまった。
けど、ほんと良かった。
高校生の自分達に手紙を
出した彼らの世界の過去を
変えることは出来ない
けど、また別の世界で、
『パラレルワールド』で
翔を救うことが出来た。

6人がずっと仲良くいられる
世界にすることが出来た。
大きな後悔のない世界。

このお話を読むといつも思います。

後悔のない人生なんて
ないかもしれない、それでも
後悔するくらいならいろいろ
怖くても突っ走ってみよう。

後になって少しでも後悔が
少ない自分でいられるように。

レビューを呼んでくれた方、
高野先生の作品に出会った方、
高野先生を始め、この作品を
作ってくださったたくさんの方、
みなさんに心からの祈りを…

皆さんの10年後が、
素敵な未来でありますように。