orange 第3巻

著者:高野苺 先生

orange3-1

3巻から、一気にお話の大事な所が
分かってくる気がします。

ずっと1人で「翔を助けなきゃ。」
と頑張ってきた菜穂にとって、
手紙が届いたのが自分だけでは
なかったという事実は、とても
支えになることだったろう。

須和にも手紙が届いてた。
須和も一緒に、翔を助ける
ために頑張ってくれる。

どれだけ心強かったか・・・。

orange3-2

翔の誕生日に須和に望んだ物。
とんだサプライズだよ ww

ほんと、どれだけ菜穂を大切に
思っていたんだろう・・・。

菜穂がそれを知ったのは
26歳になってからだった。

なんか、もう泣くしか無いっす!!

orange3-3

10年後の菜穂の世界では
届かなかった翔の菜穂への想い。
ちゃんと届きますように。

実際なとこ、須和からしたら
かなり複雑な心境だろう。

けど、須和、ありがとう。
あぁ、涙が・・・(笑)

orange3-4

10年後から来た手紙は、確かに
何もしないままの世界なら
正解だったのかもしれない。

でも少しずつ未来が変わっていく
状況のなかで、手紙に従うことが
正解じゃないかもしれない。

そう気付けたこと、本当の目的を
再確認出来たこと、良かったな。

orange3-5

実は、みんなに届いてたんだ。

みんなに届いてたって分かるまで
随分時間が経ってしまったけど、
これで、ほんとにみんなで
翔を助けるために頑張れる。

orange3-6

彼、竜秋くん。実は1巻から
いたんですけどやっと
活躍し始めましたねww

なんか変な子だけど、
実はすっごく知希ちゃん
大好きで、優しい奴だ。
なんか馬鹿っぽいけどww

報われてほしいな、竜秋。

~ひとこと~

菜穂、須和、アズ、貴子、萩田。
やっと5人が同じ気持ちを
共有して翔を救おうと
努力し始めました。

結構時間かかったね。
けど、本当に良かった。

みんなの協力で、何として
でも翔を助けて欲しい。
心の闇から翔を救って!!