アオハライド 第10巻

アオハライド10

著:咲坂伊緒 先生

アオハライド10-1

洸、空回ってるね…。

双葉は菊池くんに掻っ攫われて
しまったね…。洸はどうするの?

こんだけつらそうにして、
まぁ、こんな状況だからこそ
さっさと鳴海さんのこと
すっきりさせておいでとも
思うけども…洸、頑張れよぉ!!

アオハライド10-2

ほんとは、洸の様子が変なの
双葉だって気付いていた。

けど、それは自分に都合のいい
勘違いでしかないって思いたい、
そうじゃなきゃだめだ。

ってね、自分に頑張って
言い聞かせてきたのに、
気持ちが止まらない…

双葉自身、洸がそばにいる限り、
視界に入ってしまう、意識して
しまう、全然振りきれてない。

こんな状態じゃ、つらいよ。
洸も双葉も菊池くんもつらいよ。

アオハライド10-2.5

えと~いろんな悪循環が起きてる。

洸の本当の気持ちを知って、双葉が
まだ洸を気にしてるのも知ってて、
そんな状態で何も出来ないことで
洸に優しくしたり、双葉たちの
邪魔をしないよに洸を見てたり…

そんなことをしている修子を見て、
もしかして洸のこと好きなのか??
とか勝手に誤解をした小湊くん。

洸は相変わらずで落ちてるし、
小湊くんもこの件で落ちてて、
洸に冷たくあたったりして…。

誤解、早くとけるといいな。
洸は、これからどうすんのかな。
…なかなか上手くいかないね。

アオハライド10-3

双葉は双葉で、菊池くんに
心配とか不安な気持ちとか
させないように彼女なりに、
すっごい頑張ってると思う。

菊池くんのこと大好きに
なろうって頑張ってる。

瞬くん(菊池くんの友達)から
したらそーいうのわかんない
かもだけど、実際そうなんだ。
それ分かってるから、菊池くんも
怒ったりしないんだよね、きっと。

いろんな気持ち抱えたままの
彼女を受け止めたいって
言ってたもの。お互い、
すごい頑張ってんだよね。

自分を大切にしてくれる人を
好きになれたらきっと楽だ…。
けど気持ちってそんな簡単な
ものじゃないから…つらい。

アオハライド10-4

洸が気を利かせたことで、
修子と小湊くんが話す時間が
出来て、誤解に対する
真相を知ることが出来た。

その上とても嬉しい言葉を貰った。
小湊くん超上機嫌w 良かったね!!

アオハライド10-5

洸が、母親と最後に
見た、淀んだ夕焼け空。

つらい思い出だった
けれど、修旅でみんなで
見た夕焼けは最高に
綺麗なものだった。

これで1つ、つらかった
モノが大丈夫になった。

こうやって、少しずつ前に
進めばいい。少しずつでいい。

洸が本当に笑えることが
増えていけばいいと思った。

~ひとこと~

えぇ~何と言いますか。
複雑だね、いろいろ。

でも1つ、洸の嫌な記憶が
素敵な思い出に上書き
された、それだけは、
本当に良かったと思う。

洸はきっと、この仲間達がいれば
双葉がいてくれたら少しずつ
過去を克服できると思うんだ。

双葉は、洸のヒーローだものね。
双葉と洸で幸せになってほしいよ…。