アオハライド 第7巻

アオハライド7

著:咲坂伊緒 先生

アオハライド7-1

洸が風邪で学校休んでる
って事実を田中先生に聞かされ
ついでに頼み事までされて…
合鍵を預かって馬渕家へ。

で今に至ります。学校でね、
ず~っと変だったんだ。

双葉は何で!って思ってた
けど、理由それすか…ww
何その可愛すぎる理由。
萌え死ぬかと思ったわ。

まぁ、一先ず洸くん…
病人はちゃんと温かい
とこで寝て下さいよww

自分が体調悪い時まで
お母さんの遺影のある部屋で
泣きながら寝るなんてよしなよ。

アオハライド7-2

全力で双葉と洸を応援したい
悠里は、双葉と菊池くんを
くっつけたい内宮くん達が
嫌で嫌で仕方がなかった。

それでずっと嫌な態度とってた
けど、これで仲直り出来たね。

最終的には本人同士の問題で
彼らが外で何か言ってても
何の意味もないからねww

仲直りしてくれて何より!!

アオハライド7-3

キレイ事なのかもしれない。
それでも、そんな同情で無理矢理
繋ぎ止めるようなん、愛情も
何もない、ただの情じゃないの。
洸の優しさ利用してるだけじゃん。

確かに洸の時間が止まっちゃう
ってのは今の時点では妄想
でしかないかもだけど、きっと
このままでは現実になるよ。

事実、洸がつらそうじゃん…。
そんなふうに洸を苦しめてまで
鳴海さんは洸を繋ぎ止めたいの?
そんなことに何の意味があるの?

やっぱ、どう考えても、洸は
鳴海さんと一緒にいるべきじゃ
ないと思うな…お互いのために。

アオハライド7-4

学校で、田中先生が生徒と
デキてるんじゃないかって
話があった誤解なんだけど。

田中先生に頼まれて双葉が
洸の家に荷物届けるために
合鍵受け取ってた時のお話。

それをきっかけに修子はもの
すごく後悔して、怖くなって。
そうなんだよね、先生と生徒って
だけで、決して認めてもらえない。

アオハライド7-5

これは文化祭の前日の話。
偶然田中先生が落とした
財布を拾った修子は、先生の
アパートまで届けに行った。

お酒を飲んでたらしく、少し
テンションの高い先生は
いつも以上に可愛かった。

それでどうしてこうなったか
ってね、いろいろありましてね。

このあと、結局顔そらされて、
気まずくなっちゃったんだけど
先生はこの時何を思ったろう。
少なくとも、修子の本気が
伝わっていたらいいと思った。

アオハライド7-6

修子、いろいろあったからね。
最後にって決心したんだろう。
ちゃんと告白して、フラれた。

でもやっぱ、少なからず好意
あったんだろうな、修子に。
けど立場ってやっぱ大きくて。
いろいろ悩んでたんかもね…。

もし先生と生徒でなかったら、
そんなこと言っても仕方ない。

けど、ほんとにそんな状況で
出会えたのならもっと違う
結末があったかもしれないね。

修子、先生。
いろいろお疲れ様。

修子、小湊くんのこと好きに
なるかな?なるといいな。そしたら
きっと1番いいんだ。今の状況では
きっとそれが最善だから。

~ひとこと~

今回はいろんなところの話が
詰まってましたねぇ~。
辛かったり、微笑ましかったり。
それぞれだけれど、最後には
みんな笑顔でられたらいいね。

全く本編に関係ないのですが、
なんか今巻で見覚えのある
2ショットを見つけました。
そう、ストロボ・エッジのw

他巻にもいたりしたんでしょうか?
こういう悪戯好きですww