アオハライド 第5巻

アオハライド5

著:咲坂伊緒 先生

アオハライド5-1

もうちょっと、もうちょっと
一緒にいたい。……まだ
帰りたくない気分。

祭りの約束をした帰り、
なんだか離れがたくて
言った双葉の言葉。

おまえらほんと付き合えよ!!って
言ってやりたいくらい甘ったるいw

この状態で洸を引き止めたのは
理性か、それとも過去か。

最高のデートが待ってんだろ
って、きっと誰もが期待した。

アオハライド5-2

ようやく菊池くん出せました
お待たせしました…??w

まぁある一件でね、知り合って
気まずくて、偶然会えた夏休みに
気にしないで的な感じになった
けどやっぱりきまずくて…って
双葉ちゃんでございましたw

菊池くんもね、優しいんだよ。
ほんっと優しいんだよ…。さて、
これからどうなりますかね。

アオハライド5-3

3人のこういう感じ、
すごくいいと思う。
彼女らにはずっとこう
あってほしいと願う。

にしても、修子イケメンww

言いそびれましたが、前巻で
悠里が告白してるんです。
それを今巻で2人に話して…。

それでも相変わらずのこの関係。
凄いと思う。最高の友達だね。

アオハライド5-4

祭りの約束を守れなかった原因。
洸が長崎に行っていた理由、
最近よくメールしてる相手の話。

自分と同じ境遇の友人を心配
して連絡を取り合っていた。
とそんな話を洸から聞いた双葉。

いろいろ考えてモヤモヤして、
それでも前向きに頑張ろうと
する彼女…偶然落ちてる彼女を
見かけて話しかけてきた菊池くん。

双葉の気持ちは何も変わって
ないけど、菊池くんは…。
恋が動き出してます。

それとは違うところで、
こうもいろんな気持ちに
振り回されてふらふら。

約束をしたあの日、あと1ミリ
ってくらい縮んだと思えた洸との
距離が、また少しずつ離れてく。

アオハライド5-5

やっぱそうなんだよな、そう
いうふうにできてんだな俺ら。

どう見ても、彼らは両想い。
でも、ずっと何かが洸の邪魔
をする。今は、例の友人。
同じ境遇でほっとけないって人。

それを仕方がない事のように
半ば諦めている態度の洸。
中々上手く行かない、ほんと。

アオハライド5-6

洸が母親の事で悩んで
苦しんで、そんな時に手を
差し伸べて、大丈夫って言って
くれる人はいなかった。

そういう自分の経験がある
からこそ、同じ境遇の子を
少しでも支えたいって思う。

自分と重ねてみてしまうから。
きっと、洸の今の行動はそう
いうとこが大きいんでないかな?

その頃に、小湊くんみたいに
言ってくれる人がいたら…

そんなたられば意味ないけど、
小湊くんの本気の優しさに
涙が出そうになった。

~ひとこと~

例の洸が気にかけてる子、
女の子なんですよね…。

あまり画像出し過ぎるのは
いけないと思って、本編内容の
画像は最大6枚とか決めたら、
ネタをすっ飛ばさないと足りなく
なる始末…、なんかすんませんw

ここで女の子って…どう考え
ても洸に気があるとしか…。
洸は決してそんな気はない。
けど今の洸なら、恋人同然に
彼女に優しくするだろう…。
それこそ勘違いさせる。

ほんっと、悪循環ですね。
アニメでは、綺麗な感じで
お話終わらせてて…あれはあれで
良かったんですけどやっぱ最後
まで読まないと!!って思います。

まだ5巻ですがww
最後に、本気で幸せな
笑顔見たいですね。