[BL]SUPER LOVERS 第9巻

super-lovers9

著:あべ美幸 先生

super-lovers9-1

ある日、突然呼ばれて突然
強制的に参加させられたヤギ部w

最近やってきた英語教諭の
古高凌先生を顧問として、
部員は十全と零…とあともう
1人、今回は逃げたようだけど
榎本もw同じクラスの問題児を
集めたみたいになってんな…w

部長はこのわんこさんらしい。

super-lovers9-2

春子や晴に将来のことを
相談しても結局自分の中で
答えを出せずにいた零。

学校からの帰り、偶然会った
蒔麻に相談してみた所、答えが
ちゃんと出せそうだと思った。

客観的に見た印象のようなもの
を言われることはよくあったが、
こんなふうに零にアドバイスを
くれたのは初めてかもと思う。

蒔麻も、やっぱお兄ちゃんだな。
…と思っていた私ですが、零の
中ではまた少し違った印象w

「(―蒔麻は、やっぱり晴の弟だ。)」

「(天然のタラシ!!こいつ
にも女子供が群がるハズ。)」

…天然たらし的なことなら、
きっと亜樹もだ。そんで
多分零もその気があるw
さすがの海棠兄弟だよw

super-lovers9-3

榎本は一々言うことが気に
障る。そして今回もまた。

晴の零への思いを可哀想で
済ました。そこで零の方が
手を出してしまったらしい。

いつもは何か言われても無関心
状態な零だけど、晴とのことに
なるとそうもいかないんだろう。

家に帰ってきて、傷だらけの
零に事情を話させようとする
晴だったが、喧嘩の理由だけは
絶対に話そうとしない零だった。
そして自分は悪くないと言い張る。

そのうち、晴が怒っている
ことに気がついた零。

「おこ…ってるのか?」

「そりゃそうだろう?理由も
ナシにこんな傷つけて帰って
きたっていうならさ!」

零が心配なんだって気持ちが
こういう怒りに繋がってるんだと
思うけど…多分零にはそこまで
伝わってなかったろうと思う。

それでも、晴を怒らせたら、
自分は切り捨てられてしまう。
そんな恐怖だけがよぎって、
その後は素直な零だった。

理由こそ言わなかったが、
明日榎本に謝罪する。晴の
いうことをちゃんと聞く、と。

こんな零の気持ちに、晴が
気付く由もないのだろうな。

次の日、榎本を連れた澤田さんが
謝罪にやってきた。昨日の出来事は
ケンカ…にすらなっていない、正確
には殴りかかろうとした零を避けよう
とした榎本がコケて零もコケた…。
そこにあったガラクタのせいで怪我、
という感じだったらしい…間抜けw

真実を知って、焦ってちゃんと話を
聞こうとしなかった自分に後悔した晴。

「愛してるよ、零。」

晴に迷惑をかけまいと一生懸命我慢
する零に気付き、そう伝えた晴だった。
不安だから、嫌われるのが怖いから
零はすぐに自分を抑え我慢してしまう。

そうやって、零も少しずつ晴の自分
への思いを知っていけばいいよね。

super-lovers9-4

ある時、晴が口を滑らせた
ことをきっかけに零は晴と
本気のエッチがしたいと
言い出すようになってしまう。

まあ、今の状況はヌキ合いっこ
の延長線上みたいな状況だし。

それをずっと何かと理由を
つけて止めてきた晴だった。
そして今回、こんな言い方で
零にストップを掛けたのだったw

そりゃ傷口舐められりゃ痛いわ。
滲みるし嫌だろうよそりゃねw

「(―あれから、ハルの嘘くさい
あの笑顔にだまされて気づくと
俺の本気はなかったことに。)」

「(大人なんてもう
何も信じられない。)」

零が若干やさぐれましたww

super-lovers9-5

ここからは番外編…って扱いで
いいのかな?ある休日、零と晴が
街に買い物デートに出かけた話。

人混みが苦手な零が、デートで
待ち合わせだというのでわざわざ
街までやってきてくれた…きっと
それだけでも晴としてはすごく
嬉しく感じてたろうと思うけど、
特に欲しいものもないと買い物に
関心を持たなかった零が突然…

「買いたいものを思い出した。」

急にそう言って、近場のドラッグ
ストアまで1人で言って戻ってきた。
零は自分の事には本当に大して
興味も関心も持たないくせに、
晴のことだとよく気がつくよね。

晴、幸せでたまらなそうですw

super-lovers9-6

そんな、長男と末っ子の幸せ
デートの真っ最中…双子は郁芳と
一緒に街に出かけていたのだが…

そこでちょっとした揉め事に遭遇。
知り合いの店員さん・友梨ちゃんに
元カレがしつこくつきまとってる
様子だった。いつまでたっても騒ぎ
が収まらない2人…亜樹が口を挟む。
それに対して手を上げてきた元カレ。

「これならウチの兄貴も
文句は言わねぇよな?蒔麻。」

そう言って強烈な蹴りを
みぞおちに入れた亜樹だったw
それでも諦めない元カレさんに、
今度は蒔麻が一言…ああ怖いわw

「(海棠家の双子は、性格は正反対。
だけど何故だかそれぞれの
言動と行動が時々、長男
晴さんを思い起こさせるんだ。)」

2人の様子を見ていた郁芳は、
そんなことを思ったのでした。
こうやって見てると、実は亜樹が
1番普通な人に思えてきたよ。

ほんと、それぞれに特殊だけど
やっぱり海棠兄弟はよく似ている。

~ひとこと~

9巻の後半は番外編で終了~。
この話の中で、篁先生の少し
残念なお話もありましたが…
うん、彼は彼で大変なんすよw

橘と夏生・篁先生の話はあまり
動きませんでしたが…あ、元婚約者
出てきて云々はありましたがその後
どうなってくんでしょうね?あれが
あったからってそう簡単に夏生を
諦める橘じゃないだろうと思うし…

さて、10巻に期待です!!