[BL]SUPER LOVERS 第6巻

super-lovers6

著:あべ美幸 先生

super-lovers6-1

「俺はいつお前と
セックスできる?」

晴の怪我もほぼ治り、元通り
零は晴の部屋で一緒に寝るの
を再開しようとしていたが…。

突然こんなことを言い出す零。
断固拒否する晴だったけど…

「何故?俺が男だから?」

更に質問が返ってきた。

…それにしても、随分煽り上手に
育っちまったもんですね彼は。

晴の怒りに対して返ってきた
答えはあまりにひどくて…ww

「……お前バカじゃないのか?全部
お前が俺にしたことだ。自分で
やってて判らないのかこのド阿呆!!」

あーあ、晴さん恥ずかしいわww
晴が零を煽れば煽るほど、零は
それを覚えてどんどん青い上手に。

…いろいろやばいわね~ww

super-lovers6-2

晴は、あの事故以来海棠の両親の
墓参りに一度も行ってないらしい。

でもそれには、海棠兄弟それぞれの
事情だったり思いだたりがあっての
理由があったようだった。確かに、
こんな状況で晴が自ら行こうと行動
するのは…中々厳しいもんだと思う。

亜樹や蒔麻が誘うのも、まあ無理
だろう。4人の中では、零がもし
行こうと言い出すことが出来たなら
奇跡的にみんなで墓参りに行くと
いうことも出来るかもしれないけど。

…亜樹と蒔麻はもちろん、相模の家族
(亜樹と蒔麻の祖父母)にもあの事故は
晴のせいだと責められていたらしいし
…当時の晴には誰一人彼を許してくれる
存在はいなかったのかもしれないね。

それくらい、つらい事故だった。
今でこそ関係が良好な状態に
戻った兄弟だけど…もうあの頃の
ようなことは繰り返したくない。

そういう思いが、今の彼らをそう
させてるんだろうな…でもいつかは、
きっとまだ抱え続けている不安とか
そういうのから開放されて本当に
幸せになれたその時は、ちゃんと
墓参りに行けたらいいなと思う。

super-lovers6-3

『篁 志朗(たかむら しろう)』

6巻になって、やっと出てきた零の
学校の養護教諭の名前がこちらですw

篁先生、なんで今いきなりこんな
感じになっているかといいますと…

以前例のボロアパートの掃除を
零がやってましたよね。そこに
新しく引っ越してきたのが彼w

なんかいろいろ金ないみたいで、
ここに飛び込んできたらしいです。

というわけで…零としてはまあ
ありがたいだけだろうが、篁先生
からしたら悪魔とご近所さんに
なったわけでして…がんばれw

零の質問攻めにいつもいつも
困り果てているようですが、
今後も頑張って答えてくれw

super-lovers6-4

「お前は俺のものじゃないから。」

そう言って、女達が晴に集まることを
ずっと不満に思っていたと告げた零。

セックスをすれば、少なくともただ
の弟ではなくなるからマシだ…とも。

「俺を自分のものにしたい?」

「したい。」

「じゃあ俺のこと、
愛してるって言って?」

「それはできない。言えば、この
言葉はお前を縛る。お前の意志に
かかわらずただお前は『弟』の俺
の望みを叶えようとするから。」

ずっとこうやって1人で悩んできた。
その結果、明らかにおかしな行動に
出てしまうこともあって晴を本気で
怒らせてしまう零だったけど…。

ほんと、この2人は相手のことばかり
考えて自分が前に進めなくなってばかり。

この日実は、海棠の両親の命日だった。
ここ最近…毎年のことらしいが晴はすごく
精神的にも不安定で体調も悪そうだった。

…ずっと眠れていなかったのかもしれない。
零と話をして、零の気持ちを再確認して、
やっと安心出来る場所に戻ってこられた
のかもしれない。晴はこのまま寝落ちw

「(―まあ、こんなんでも
俺のものなら仕方がない。)」

やっとほんとに両思い…かな?
一先ずおめでとう、零・晴。

super-lovers6-5

数日ぶりにちゃんと眠れた晴。

「晴、お前寂しいんだろう?」

あの日、カナダから帰ってきた日、
帰りの車の中で海棠父がそう言う。
ずっと夢に見ていた内容…でもその
先がずっと思い出せなかった晴。

「だからな、あの零くんは海棠
家の末っ子になることが決まり
ました!!晴、お前よろしくな!」

「だってあの子カナダに俺が迎え
に言った時のお前にそっくりだった
んだ。犬のうしろにかくれてずっと
不機嫌で。一言も口きいてくれない
お前にそっくりだったんだ。一目
見て思ったよ。運命なんだ、って。」

そんな、父親の笑顔と言葉を
思い出して、ようやく晴の中で
決心がついたのかもしれない。

零はやっぱりすごいな。きっと
零がいなかったら、晴は今も
こんなふうに生きてなかったろう。

零を海棠家に引き込んでくれた
海棠の両親に…ほんとどれだけ
感謝しても足りないくらいだよ。

ちゃんと、報告しておいで。

~ひとこと~

いろいろ…ほんといろいろと
ハプニングも多かった6巻です。
でも最後には、すごく良かった
と心から感じた巻になりました。

家族で弟で、でもそれだけじゃ
なくてきっと誰より愛しい存在。
そんな零のおかげで、晴が笑顔の
裏に抱える不安や後悔なんて思い
が少しずつ解消されてってます。

逆に零のそういう不安な思いも、
晴によって悪化しそうになる時も
ちょいちょいありますが最終的には
いい方に進んでんじゃないかな~
と、そんなふうに感じています。

これからのSUPER LOVERSは
どんなお話が描かれるのか?

温かい海棠家と、その周辺を
この先も見守っていきたいです。