夏雪ランデブー 番外編

夏雪ランデブー番外編

著:河内遙 先生

夏雪ランデブー番外編-1

結婚して、しばらくして
相変わらず呼び名も定まらぬ
状態で、相変わらずな日常。

そんな中でも葉月くんは
いろいろ考えていることが
あったという。緑のビジョン。

最初は、六花ちゃん目的で
少しでも近づきたくて花屋に
バイトできた彼だったけれど、
いつの間にかこんなふうに
考えるようになっていたんだ。

ほんと、島尾くんの意志とか
思いとか、なんだかそういう
のに影響されてるみたいだ。

こんなふうになって今更
思うのは、島尾くんの存在が
唯一葉月くんにだけ見えたのは、
もしかしたら全ては六花ちゃん
が幸せになるための必然な
出来事だったのかもなんて…。

そうだったら、六花ちゃんを
想う2人の気持ちが原因なわけで
おかげで今幸せそうなわけで。

なんて、そうだったらいいな
っていうだけの話ですけどw

夏雪ランデブー番外編-2

六花ちゃんのお腹の子が、
もう直生まれるって頃…

勢い余って未来の父親がポーン
と(車の前に)飛び出したって…。

全治1ヶ月、足の骨折で済んだ
けど、力仕事するには大変で
助っ人として来てくれたのが
森田くん。この黒髪メガネ
の彼は、島尾くんの同級生で
腐れ縁だという。番外編で
いきなり出てきたキャラです。

そんな森田くんは、昔から
島尾くんのお見舞いとか
よく行ってて、その時に
ミホさんに会って恋をした。

ずーっと好きだったんだろう。
告白もしていたようです。

そんな彼らの昔話はこの後
いろいろ描かれていますが、
何も明かされないままに
いきなり保留のプロポーズとか
言い出してちょいびっくりだよw

六花ちゃんの子が生まれると
連絡をもらって病院に向かおう
とする葉月くんを送ってく
ように言うミホさん…こんな
条件つけて、この後本当に
プロポーズを受けたのかは謎w

夏雪ランデブー番外編-3

こんな話の先、六花ちゃんが
ケータリングカーを買いたい
なんて言い出した…島尾くんの
かつての案だったらしい。

島尾くんが入院していた頃、
旅番組なんかを見ながら
いつか行こうって当たり前の
ように六花ちゃんは言ってた。

結局彼が生きている間に一緒に
行くことは出来なかったけれど…

夏雪ランデブー番外編-4

「海外での散骨はちょっと調べた
感じ簡単じゃなさそうなんで、
撒く場所の下見にとりあえず
あの人も連れてけばいい。」

ケータリングカーを買いたいという
六花ちゃんに総提案した葉月くん。
島尾くんの骨のカケラと一緒に、
いろんな所を旅できるって。

こういう所、葉月くんって
やっぱりすごいって思う。

六花ちゃんも、六花ちゃんの思いも
すごく大切にしてくれてるんだもの。

夏雪ランデブー番外編-5

初めて葉月くんに認識された時、
3年ぶりに他人に認識されて、その
視線に妙に浮足立ってしまった
自分を少し悔しく思ったのだとか。

でも彼が六花ちゃんを好きで、
こういうやつで…知れば知るほど
どうしようもない気持ちになって。

もし、こんなライバルみたいな
存在でなければ、確かに島尾くんは
素直に喜べたのかもしれないけど、
逆にそんな人なら見えることも
なかったんじゃないかなー…なんて。

夏雪ランデブー番外編-6

島尾くんが六花ちゃんと知り合って
から、一緒にいるようになって、
好きになってから、少しでも多く
彼女のために遺していきたい。

そうやって作り上げたのがこの庭で、
死んで尚、彼女を愛し続けている
彼の写身のように狂い咲く花々。

ほんと、葉月くんからしたら
憎たらしい限りかもしれないw

けど、それほどまでに愛されて
逆に六花ちゃんも同じように
思っていて、きっといろいろと
後悔はたくさんあったろうけど
島尾くん、幸せだったろうな。

葉月くんに会って、そのおかげで
心残りも大分減っただろうしね。

~ひとこと~

番外編では、島尾家
(ミホさん・島尾くん)
の昔の話、島尾くんの
同級生でずっとミホさんを
好きだった森田くんの話。

結婚してからの六花ちゃん
と葉月くんの話。

島尾くんの初恋の話。

島尾くんと六花ちゃんの
出会い、馴れ初めの話。

ずっと病気と戦ってきた
島尾くんの話…

そんな感じが中心でした。
浮遊霊になって、誰からも
認識してもらえなかった
島尾くんが初めて葉月くんに
認識されるまでの話とかも。

なんか、とても不思議だけれど、
心が温まる話が多かったです。

その中のごく一部しか
ご紹介できていませんが、
少しでも良さが伝われば
いいなと思います。