たいようのいえ 第6巻

たいようのいえ6

著:タアモ 先生

たいようのいえ6-1

認めたくない。そう思いながらも
真魚に早く会いたくて仕方がない。
もう、完璧好きですよね。

ここのお話で、幼い頃の2人の
話が描かれています。最初は、
真魚をいじめてる感じに見えた。

あれです、好きな子いじめたく
なる男子って感じですまさしくw
最初はずーっと否定してたけど、
そんでも明らかに好きなんだろう
としか思えない態度だったわけで…

実家を離れてからは真魚のことは
忘れてしまっていたようだけど、
戻ってきて、再会して、こんな
気持ちを取り戻すまでは一瞬で。

さーて、こじれなければいいが。
でも少し楽しみなところですw

たいようのいえ6-2

真魚のバイト先に、ラジカルさんが
話をしに来た…。真実をいろいろと
話さなきゃと思いながらも、真魚の
隠したいという意思も含めちゃんと
話すことが出来なかったこと。

それでも、空海の小説がなくても
ちゃんと思いを伝えたいという決心。

まっすぐ…なんだろうなって思う。
地味に天然っぽい所が苦手だけど←
変わった人だなって感じるけど、
悪い人じゃないんだろうとも思う。

決着をつけに…いくんだね。
基は鈍感だから、いろいろと
大変かもしれないけれど、それ
でも頑張ってぶつかって欲しい。

どんな答えを出そうとも、その
まっすぐな心を伝えて欲しい。
多分ラジカルさんが本当のことを
話さないと、真魚は何も話せない。

2人が同じ人を好きじゃなきゃ
きっと2人の関係は今よりもっと
明るいものだったかもしれない。
でも、ここまでお互いを理解
し合えることはなかったろう。

今はまだ真魚にはまだ本宮家の
問題も残ってるわけですし…
少しずつ、解決してくと良い。

たいようのいえ6-3

「ちゃんとできた?
織田くんみたいに
あたしもできた?」

一生懸命涙をこらえようと
そう口にしたちーちゃん。
きっとお互い気まずいだろう。
傷ついたし、つらいだろうし。

それでもこれ以上誰も傷つく
ことのないように、一生懸命
普通を装う。自分の気持ちを
終わらせようと必死であがく。

真魚を好きな織田くん。
織田くんを好きなちーちゃん。
そんな中で真魚とちーちゃんは
お互いとても大事な友達で…

こんな関係だからきっと
余計に辛いんだろうと思う。
いつか…なんとかなるんだろうか。

たいようのいえ6-4

大樹が帰ってきていつかは
陽菜も帰ってくる中村家から
自分は出て行かなきゃいけない。

本宮家に帰ることも多分
拒絶されてしまうだろう。
そう言って思って一人暮らし
のために頑張っている真魚。

そんな所に、真魚の義母は
帰ってきてほしいと話を
しに中村家にやってきた。
一人暮らしをするにしたって
印鑑を押してもらうために一度
家には帰らないといけない。

父親に拒絶されても、一度
会わないと前には進めない。

真魚の思考はそんな感じ。
ちゃんと…父親が真魚から
逃げずに立ち向かえれば、
きっと変わると思うんだ。
義母は、きっと何とかして
その機会を作ろうとしてる
のかもしれないなって思う。

真魚も、もう少し諦めないで
立ち向かってみてくれないかな。

つらいだろう、怖いだろう。
それでも、真魚には味方が
たくさんいるんだからね。

応援したいけど、いつかここ
から離れてしまう真魚を思って
引き止めたくなってる基もいる。
…そこの問題は、今はきっと
どうにも出来ないんだろう。

真魚は、基にちゃんと
向き合えるようになるために
今必死で頑張ってるんだから。

頑張れ、真魚。
頑張れ、真魚父。

たいようのいえ6-5

本宮家に1日だけ帰った。
父親と話そうとしても、
まともな会話にはならず、
勇気を振り絞って一人暮らし
の話をするも…真魚の予想に
反してくだらないこと等と
言われ反対されてしまった。

…多分、中村さんの所なら
その方が真魚には良いだろう
って思って預けてたんだろうし
受け入れる勇気もないけど、
完璧一人にさせる勇気なんて
それこそない、父親のわがまま
なんだろうと思えて仕方ない。

…多分としか言えないけども。

そんな状態で、もっと頑張らなきゃ
と思う真魚だけど、基のもとに
帰ってきてみれば、基が好き過ぎて
暴走し…今度はそんな真魚に基が
耐えられず暴走し…大変だww

そんなこんなで大樹も無事
中村家に帰った来て、理性を
保つのが辛くなっていた基は
一安心…明日から?真魚と大樹は
同じ学校に通うことになる。

たいようのいえ6-6

「好きな人でもできた?」

「いるよ。
俺はあせってもないし
ゆっくり攻めるから。」

基と一緒にいると悶々
してしまうという真魚は
当然のごとく大樹の部屋に
逃げこむわけだが…これw

大樹もほんと苦労するよ。
真魚って自分に対するそういう
気持ちに鈍感っていうか…
無防備だよね、ほんと。

頑張れ大樹、煩悩に打ち勝て。

~ひとこと~

いろいろと、そう簡単にはいかない。
けど、少しずつだけど前進してく。

真魚の前でもポーカーフェイスで
いられる大樹はすげぇなって思うw

真魚父のこと、ラジカルさんのこと。
他にも色々問題は山積みだけど、
少しずつ解決できたら良いな。