ヲタクに恋は難しい 第5巻

著:ふじた 先生

宏嵩は、基本的に人の名前や顔を
覚えることが苦手な人間である。
だから同僚の名前とか全然出て
来ない人のほうがきっと多い。

そんなだけど、成海や花ちゃん、
樺倉さんと仲がいいことを不思議
に思う人は周りには多いようだ。

特に成海との関係は、もしかして
付き合ってるんじゃ?っていう噂も
出ているらしい‥まあ事実よね。

それでも、成海に約束させられて
付き合っていることを隠してるから
伝えることが出来ないんだろうね。
でもすごく伝えたそうに見える(笑)

宏嵩にとって自分が大切に思う
存在にはもちろん興味を持つし、
それ以外にはとことん興味を
持たないからこんな格差が‥(笑)

ヲタ仲間は彼にとって大切な存在
なんだろうなって改めて思った。

「俺実際興味ないものは全然
見てないっすよ、同僚の名前
とかもあんまり覚えてな あ。」

これは飲み込む予定が口に出た言葉。
逆にその他に少しだけ同情した(笑)

成海に映画に誘われた。どーせアニメ映画
だろうと思う反面、少しだけ普通のデート
みたいなのを想像してみた宏嵩だったが‥

「入場者特典が欲しくて昨日一人で2回
観たんだけどまさかの推し来ずでさー!」

‥入場特典目当てに呼ばれていた(苦笑)
宏嵩はあまり映画が好きじゃないらしい。
良作だからとオススメしてくれる成海だが
どうにも映画にのめり込めないでいる宏嵩。
でもふと成海を見ると隣で大泣きしていた。

(成海の「好き」は温度が高い。
笑顔とか涙とかいつも全力で感情が
動いてて俺には熱くて触れない。)

そういう思いからか、以前成海が泣いていた
時は触れられなかったのかもしれないね。
でも今なら‥少しずつ変わってってるのね。
2人の、こういうあったかさすごく好き。

他人に左右されず我が道を行くタイプな
宏嵩のことを、歩み寄りとかそういうのは
出来ないんじゃと心配していた樺倉さん。

でも最近の宏嵩には、そんな歩み寄りと
取れる行動が多く見られるようだった。

それを喜ぶ樺倉さんだったけど、その
変化は成海をきっかけとして樺倉さんや
花ちゃんの存在があったからだろう。

人と人が関わることって大事よね。
良くも悪くもかもだけど、そういう
代わりたいって思えるきっかけをくれる
のは人との関わりだけだと思うから。

祭りの最中、花ちゃんと一緒に
出店に並んでいたはずの成海が
途中で行方不明‥人の波に流され
軽く迷子になっていました(笑)

でもそんなところでナンパされて‥
それも、実は1度は樺倉さんと宏嵩が
追い返したやつらに1人の時に見つかり
しつこく言い寄られ対処できずにいた。

危機一髪、宏嵩が成海を見つけて、
ヒーローみたいにではないけれど、
宏嵩の精一杯の行動力で成海は無事
ナンパ男達から逃げ切ることに成功。

すごく怖かっただろうに…切羽詰まると
逆にヘラヘラしちゃうらしい成海のクセ。

それをわかった上で、ちゃんと全部
受け止めてくれる存在だから‥やっぱ
成海には宏嵩じゃないとダメなんだ。
そんで、宏嵩の精一杯にもちゃんと
気付ける成海だから‥この2人はこの
2人だから一緒にいられるんだと思う。

女子トイレから出てきた光を見てさすが
の尚哉も自分の勘違いに気がついた。
でも尚哉の言葉を遮って、光はごめんと
謝り泣きながらそこから帰ってしまう。

彼女としては、騙していたことを申し訳
ない、もう一緒にいられないという苦しい
気持ちでいっぱいになってしまっていた
のかも‥それから光は大学も行ってない。

光を泣かせてしまったことを酷く
後悔した尚哉は、どうしていいか
分からずに成海に相談してきた。

「だとしてもっ、会ってちゃんと
話さなきゃダメだよ!」

「泣くのは一人でもできるけど、
笑うのって一人じゃできないでしょ。」

成海の言葉で勇気をもらった尚哉。

「ヒマを持て余したゲーヲタが大学
行かずにこもる場所といえばひとつ。」

ゲームの種類は多数、ゲームが一致しても
同じエリアで出会える確率は高くはない。
そこで‥見つけたんだよ。いろいろ
あって宏嵩のキャラでだけれど(笑)

チャット自体慣れていないのか、慌てた
のもあったのかもしれないけど、尚哉が
打ったチャットは酷い誤字だらけだった。
それでも一生懸命謝罪の気持ちを伝えた。

「せんじつはほんとにごめなしあ」

‥ごめんなさいすら打ててない(笑)
でも光的には、謝らなければいけない
のは自分の方だと思ってただろう。

尚哉が謝る必要はないことを伝えようと
チャットを打つが‥どう見ても文章が
怒っているように思えて仕方ない(笑)
光も見返して後悔しましたともww

お互いに、きっと仲直りしたい気持ちは
あったと思うのに、全然噛み合わない。
そんな時、やばげな特殊エネミー登場w
2人で協力して、なんとかクリアした。

噛み合えなかった気持ちごと、ちゃんと
一緒にいたいって伝わったんだろう。
この2人は全然タイプが違うけれど、

仲良くやっていけると思うんだよ。
これからも‥きっとこれからは今まで
以上に仲良くなれる、そんな気がする。

冬コミの準備に大忙しの成海と花ちゃん。
一応準備は進めてきているものの、成海は
自分の同人誌に納得がいってない様子だ。
妥協して完成させてしまったのが原因‥

「趣味って自分が楽しめてこその
趣味なの。趣味のために苦しい思いを
するなら意味が無いんじゃない?」

すっきりしない成海にこう言った花ちゃん。
その言葉で成海は徹夜でネームを描き直す。

この時、花ちゃんもコスの衣装に少し
妥協しそうになっていたんだけれど、
成海の言葉や思いを知ってギリギリ
まで良いものになるように直してく
ことを決意したようだった‥本気を
出せるからこそ楽しめるんだよね。

ほんと、趣味ってそういうものだ。
ここまで熱くなれる趣味を見つけれて、
それを理解し合える仲間がいるって
ことは本当に幸せなことだと思った。

冬コミです‥花ちゃんがとんでもなく
イケメンになるのは知ってたはずだが、
知ってたけどそれでもやっぱりイケメン
過ぎてときめきが止まらない苦しい(笑)

てかもうイケメン通り越して美しい‥w
そして成海‥可愛すぎて萌えました♡♡w
そして胸、かなり頑張って持ったわねw

コスプレとはすごいなと改めて思った(笑)

~ひとこと~

ヲタクに恋は難しい 5巻でした!!
知ってる方もいるでしょうかね。
ついにこのヲタ恋アニメ化ですよ!!
来月4月からついに始まります!!!

TVアニメ「ヲタクに恋は難しい」

漫画最高に面白いんですけど、
大好きな彼らがアニメーションに
なって動くとか‥待ちきれない(笑)

‥そんな最近でございます。
5巻いかがだったでしょうか?
いろいろありましたが、一先ず
尚哉と光が元に戻れて良かった
ってのが大きかったですね~!!

そして成海と宏嵩も、紹介できてない
部分ですが樺倉さんと花ちゃんも‥
ほんとすごく大好きなキャラたちです。
カップルという意味で、心から応援
したくなるキャラ達だなと思います。
これからも見守っていきたいですね♪

それではまた次巻で!!