妖狐×僕SS 第10巻

妖狐×僕SS10

著:藤原ここあ 先生

妖狐×僕SS10-1

蜻蛉と御狐神くんは、それぞれ
違ったルートで百鬼夜行の
本当の目的を知ることになった。

悟ヶ原思紋への献身

今まで、大きな信頼を
寄せていた彼女が黒幕??

その後御狐神くんは、罠に
かけられ監禁されてしまう。

妖狐×僕SS10-2

妖館のことを、そこで出逢った
大切な人たちを否定され、
多分、今までで初めて
親に反抗した凜々蝶。

成長したよ、ちゃんと。
妖館でいろいろな人と
関わることで、こんな
にも立派に成長したよ。

妖狐×僕SS10-3

なんか、渡狸すっごい成長したな。
でも、いつの渡狸もきっと、
こんな風に何かを守るために
まっすぐな強い意志を持って
そのために頑張ってきたんだろう。

途中で誰かが自分を諦めること
なんて決して許さない。
みんなで助かるために。

いくら残夏が自分を諦めようとしても
渡狸がそれを許してくれないんだ。

いつもいつもそう、そんな渡狸に
いつも残夏は嬉しいながらも応え
られなくて辛い思いをしてきた。

でも今度はきっと、皆で助かって、
諦めるんじゃなくて応えてみよう!

きっと、今度こそ皆が幸せに
なれる答えを見つけられるから!!

妖狐×僕SS10-4

反ノ塚、あー!!ここら数ページを
全てお見せしたい所ですw

が、一先ずね、無茶し過ぎな
御姫様を救出していかれましたw

もうね、野ばらも反ノ塚も
すげぇかっこよすぎ。

妖館のみんなは、なんで
こんな素敵な人ばかりなんだろ。

妖狐×僕SS10-5

いつか、ずっと昔にもこんな
やりとりをしたことがあった。

あの時は、御狐神くんが凜々蝶に
試してみましょうって言ったんだ。

きっと大丈夫。この2人なら。

妖狐×僕SS10-6

青鬼院蜻蛉が遺体で
見つかったって・・・

そんな、まさか・・・
嘘でしょ。きっと何か
あるよね、あの人きっと
殺しても死なないって!!

~ひとこと~

1度、バラバラになってしまった
みんなもやっと揃って・・・
あとは蜻蛉だけってなってた
時に、なんで・・・。

蜻蛉を心配して不安がってる
カルタに残夏は何かを言おうと
してた。何を知っているのか
分からないけれど、それが
蜻蛉は実は生きてるっていう
情報だったらいいのにと思う。

次巻、最終巻です―。