ライアー×ライアー 第6巻

ライアー×ライアー6

著:金田一蓮十郎 先生

ライアー×ライアー6-1

サークルのみんなで、スキー
をしにやって来ました。

そこでいろいろあり、烏丸くんと
2人で話す機会があったんだけど、
今まで、湊のことを友達として
接してくれていた烏丸くん。

けど本当は諦めていなかった。
ずっと機会を伺っていた…??

どっちが嘘か、なんて態度で
分かるよね、全然諦めて
なんかいなかったんだよね。

ほんとみなって存在を作ったことで
とんでもなくややこしい
ことになってしまったな。

みながいなければ、何も悩まず
烏丸くんと付き合っていただろう。
必要以上に誰かを傷つけることも
きっとしなくて済んだだろう…。

自分のせいで、どれだけ烏丸くんを
傷つけてきたのか、今更
気付かされるなんてね。

ライアー×ライアー6-2

「おれ……高槻のことが好きだ
彼氏いるのに……ごめん」

ついに塚口先輩に告白されてしまう
…のだけれど、嘘だよって…。
ごまかしてしまうんですね先輩w

せっかく頑張ったのに…ww
その上言い逃げってあんた…w

なんとも、湊の言葉も聞かずに
逃げてしまわれたよ…(苦笑)

ライアー×ライアー6-3

烏丸くんがついた嘘が
塚口先輩を通して広まって
まさかの透まで浸透…。

彼氏じゃないのになぜ否定しないw
否定しておけばいいのに、
なんて思ってしまうんですがw

自分のことが勝手に噂として
広がっていくとか怖いわ…。

即答できずにウダッてたら反応
しそびれたのパターンが多い
湊…隣に私がいたら代わりに
否定してやりたいわほんとw

ライアー×ライアー6-4

烏丸くんが、本格的な
脅しにかかった。
とは言っても、今まですごく
優しく接してくれていた
烏丸くんがこういう態度に
出るからこそ本当に怖い
ことになっているんだけど。

湊、みなのことを透に言わない
ことの見返りに、ヨリを戻す。

自分だけが経っていると思っていた
地雷原には、実は透もいた。
それに今更になって気付く。
なんとしてでも、その事実を
絶対に知られてはいけない。

こんなふうに脅しをかけてでも、
湊のことが好きなんだろうな。
それくらい、湊と透の関係に
納得がいっていないんだろう。

ライアー×ライアー6-5

烏丸くんの脅しのようなものが
始まって、いろいろ、ほんとに
いろいろ湊は恐怖を味わった。

ものすごく嫌なことでも、
透を守るため、そして今まで
傷つけてこんなことをさせて
しまった烏丸くんへの申し訳無さ
から、ずーっと従ってきた。

どうしようもなく要領悪くて
大事な所で間違えるような
湊だけど、そういう所は
どこまでもまっすぐなんだ。
自分のことより、周りの
大切な友人や家族を優先する。

すごいよな、ほんと。

いろいろと烏丸くんなりに
試してきたけれど、何とも
ならなかったね、変わらなかった。

これで、本当に最後。
2人はお別れしました。

いろんな思いしたけど、
これでやっと烏丸くんなりに
諦めようとするんだろうな。

ほんと、長い間お疲れ様だよ。

~ひとこと~

6巻でしたぁ~。いやぁ、
なんか胃が痛いっすww

いろんな人の思いが動く。

みんな、最初に持つのは
似たような愛情なのに…、
なんかもう余計に辛くなる
ことをしてしまうものなのか。

頭がいい人程簡単に気持ち
の整理出来ずにから回って
しまうものかもしれないね。

どうか、これ以上烏丸くんが
傷付くことがありませんように。