ライアー×ライアー 第2巻

ライアー×ライアー2

著:金田一蓮十郎 先生

ライアー×ライアー2-1

サークルのみんなで京都へ。
そんな時、透からみなに
電話が来たわけですが…

透よ、ピュアすぎんだろ。
湊の心境もなんというか。

今までセフレがたくさん
いた爛れた透どこ行った。

そういう女関係を断ち切るって
意味では大成功だったんだろう。
けど、これはいかんよね~。
湊の方がよろしくない状態。
ほんと、見てて透が可哀想で
つらくなってくるわ…。

ライアー×ライアー2-2

透を諦めさせるためにいろいろ
考えて行動していた湊だったが、
いやぁ~上手く行かないですよ。

そんだけ、透が本気なわけで…
サプライズなんて用意されてて。

もうかなり取り返しが付かない
状態まで行ってしまってるわけで…。

ライアー×ライアー2-3

ついに合鍵を渡されてしまった。

なんというかね、ドキドキより
ハラハラが大きなお話ですw

えっ?マジ…どーすんのw
って所が多くて怖いww

ライアー×ライアー2-4

透が本格的に引っ越しをして、
本格的に貞操の危機??
もう本格的にやばいとなって
国外への引っ越しという
理由で別れを告げたみな。

ほんとに、大好きだったんだろう。
透を泣かせてしまったみな。

自分のしてきたことへの後悔か、
それとも、少なからず本当に
透へ気持ちが動いていたのか。
みなも涙を流すことになった。

愛情?家族愛?わからないけど
この時の彼女の言葉には
本当に気持ちが入っていた
のではないかと思った。

ライアー×ライアー2-5

透と別れて少しした頃、
烏丸くんと付き合い始めた湊。

まだ透の涙を引きずりながらも
切り替えていかなければと
思って生活していたある日…。

透が大学に行っていないことを
知った湊は、透のアパートへ。

あれから2ヶ月も経っているのに、
透の中では何も終わっていない
ということを知ってしまった湊。

湊が透を思う気持ちは何だろう。
情?それとも未練なのか…。

こんな状態では、湊も、烏丸くんも
つらい思いをするだけだよね。

ライアー×ライアー2-6

自分の気持ちに整理がつかない
ままの湊。それでも、今烏丸くん
と一緒にいることよりも、この先
自分がつらい思いをするとしても
今はみなとして透のそばにいたい。

そう決心した湊は、烏丸くんに
別れを告げることにした。

なんと言いますか…不安しかねぇ。

~ひとこと~

いやぁ~!!!何すかもう!!!まだ
2巻なのに!!いろいろつらい!!

自分の気持ちにハッキリ気付けて
いない湊。そんな状態の彼女に
散々振り回されている烏丸くんも
透も本当に可哀相だし…。

隠し事なんて、いつまでも上手く
隠せるもんじゃないだろう!!
モヤモヤする!!悪い方向に
空回りばかりしている湊。

これでもかってくらいに真っ直ぐな
想いを持ち続けている透と烏丸くん。

これ以上、傷付けたくないね…。