水玉ハニーボーイ 第3巻

著:池ジュン子 先生

%e6%b0%b4%e7%8e%89%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%a43-1

部活の強化合宿…でいいのだろうか。
学校で寝泊まりし丸1日部活動に
精を出す、そういう合宿があった。

そんな中、突然の停電+αで足を
滑らせた藤くんが転んで今に至る。

この2人、ハプニング多いなww

石化する藤くん…を投げ飛ばす仙石。
その現場を知る張本人たちも、
居合わせた男子数名も、この件
に関しては口を閉ざしたらしい。

張本人は気まずいだろうしわかるが、
居合わせた奴らにも過失はありその
せいで仙石にこってり絞られたらしい。

恐ろしかったんだろうな、仙石がww
事故でほっぺにチューって、可愛いな。

仙石と藤くんもお互いに気持ちの面では
引きずりつつも、相変わらず一緒に
過ごす時間は多いようで、お互いに
同接していいのか模索している様だった。

%e6%b0%b4%e7%8e%89%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%a43-2

仙石が熱を出して、焦って
仙石宅に送っていった藤くん
だったけれど、そこには
知らない女の子…?がいた。

仙石に姫と呼ばれる彼女は、
呼び名の通りお姫様のような
容姿で…中身は恐ろしかったw

ページ挟んで隣なのに、ページ
めくったことに後悔するレベルw

ちなみに年下の少女に思えた
彼女は年上で、大学生です。

姫野 聖(ひめの ひじり)

仙石の幼馴染で、昔から家事を
手伝いに来てくれるのだとか…。

%e6%b0%b4%e7%8e%89%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%a43-3

仙石と藤くんが付き合っていると
勘違いして藤くんをいじめ倒した
姫だったけど、最終的には仙石が
可愛くて大事で仕方ない親心の
ようなものの現れだったみたい。

仙石は昔ある出来事で自分がもっと
強ければ…そうに思って、そこから
強さを追求するようになったらしい。

自分が強ければ守れるのに…そんな
ふうな考えでいるから、藤くんの
ように基本ひ弱なのが彼氏じゃあ
ダメだって姫は思ったのかもね。

それで男らしくなれなんて言って
藤くんもやや暴走していたけれど、
女らしい彼が藤くん。無理をして
男らしくなる必要はないと仙石に
言われて、こんな答えに至った。

仙石母ではないけれど、いきなり
姑ができたみたいな感じですわw

%e6%b0%b4%e7%8e%89%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%a43-4

仙石が熱を出したことで、1日
部活を休むように言われる。

その情報を仕入れてなぜか家庭科部
に招待されることになった仙石。

ちょうど『お茶会』をするらしい。
その話から今の家庭科部が出来た
きっかけとなるお話を聞いた。

きっかけは藤姉・一華(いちか)さん。
藤家長女がスタートだとかwww

仙石が熱を出した時のことで、
一華さん少し出てきておりました。
そのうちまた出てくるかなー?

まあとにかく、藤家は女子力が
めちゃくちゃ高いことがわかったw

%e6%b0%b4%e7%8e%89%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%a43-5

『白手袋で顔をはたく』

『決闘の合図』

ノープランだけど、いつまでも自分を
男として意識してくれない仙石への
宣戦布告。さて、どうなりますかね。

仙石の心は簡単に揺れる。
でもそれ以上に仙石の小さな言動
や行動で心揺さぶられる藤くん。

きっと友人としてならとても
いい仲なんだろうなって思う。

でもそれを恋に変えるには…
友情と恋の境目って難しいね。
でもきっと藤くんが諦めない
限りは、少しずつ仙石の気持ち
も変化してってると思いたい。

「(宣戦布告のつもりだったけど
流石に気付かないわよね。)」

そう思っていたけれどばっちり
気付かれていたようで…ww

「勝負の世界で行きてる私に決闘
を申し込むとはいい度胸だな。」

きっとまだ仙石は恋を知らない。
だから藤くんと一緒にいることで
少しずつ恋を知ってけたらいいね。

にしても…藤くんのアピールは
時にすごく伝わりにくいのだけどw
ちゃんと伝わると、届くといいね。

%e6%b0%b4%e7%8e%89%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%a43-6

夏、姫のバイトの手伝いで
海の家にやってきた仙石と藤。

そこに遊びに来ていた七緒兄弟も
現れて…いろいろ問題発生したりも
ありましたが、無事解決して今。

雫がふと思った疑問を
仙石に向けてきました。

嫌ではないんだそうで…
恋愛感情と友人としての愛情。
違う思いだとしても、お互いを
大切に思ってるには違いない。
お互いを信頼してるにも違いない。

そのおかげなのか、どうなのか。
きっと真相は仙石にもわからない
ことなのかもしれないけれど、
いずれ、近いうちにわかるかな?

~ひとこと~

番外編では藤くんsideのお話が
描かれていました。これはこれで、
面白く読むことが出来ましたよw

中々思う方に物事が進まない2人
だけど、悪くはない感じだし、
そこにちょいちょい七緒という
邪魔が入ったりするのだけど…
今後はどうなっていくんだろうか。