[BL]恋する暴君 第6巻

恋する暴君6

著:高永ひなこ 先生

恋する暴君6-1

先輩が、やっと帰ってきました。

帰ってきたのは嬉しいけど、
帰りの日をちゃんと教えて
くれなかったことに対して
少々がっかりする森永…。

でも、教えてくれなかったのには
理由があった…。教えたら、
空港でもどこでも、場所を
わきまえずにキスしたり
抱きついたりしかねない。
それじゃあ困る…ってね。

それでペースを狂わされるの
困るっていうけど…なんか
嫌がっているというよりは
どうしていいか分からなくて
困っている感じに見えます。

内心、嬉しく思ってしまう
所が少なからずあるのかも
しれないね。けど、そんなわけ
ないって認められない…的な。

恋する暴君6-2

巽パパが帰ってきました。それに
合わせて巴くんも帰ってきて
そこに黒川さんと磯貝さんも
ついてきて、磯貝さんがいる
ことを知った森永も参加して、
なんか全員集合!!みたいに
なってるこの状況です。

これから住む場所のこと…等を話す
ために帰ってきたような感じです。

そこでね、黒川さん、言いました。
さすがに驚いた。てかきっと
知らなかった人みんな驚いたw
パパさんも固まってますわ。

けどね、巴くんの思いも聞いて
ちゃんと認めてくれたんです。
いいなパパさんですね、ほんと。

恋する暴君6-3

巴と黒川さんにとっては、
とても幸せな出来事だった。
けど森永にとっては、自分と
重ねてしまって、過去を
思い出して…少ししんみり
してしまうようなことだった。

きっと誰よりも家族に認めて
もらいたいものだと思う。
それを全て否定されてきた
森永だったからね…。

そんな思いを察してか、先輩
今何しようとしたのかな?
慰めたかったんだろうな。

先輩の、こういう無意識な
行動が増えてきた気がする。

恋する暴君6-4

「何いってんの?兄さん今は
森永さんと二人暮らしだよ」

かなこちゃん言ってしまったw
先輩隠してたのにね www

まぁでも、この反応だし
今までその事実を誰にも
言わなかったのも…森永の
思うように意識してるん
だろうってことだと思う。

素直になれないね、中々。

恋する暴君6-5

これから住む場所の話。
そりゃあね、森永はある意味
辛いと思いますよ、同居。
そばにいるのに何も
出来ないんだから。

けど、それでもそばにいたいんだ。

先輩が悩んでいた理由を聞いたら、
こんな、森永を思ってのこと
だったなんて、思わないよね。

二人の思いをやっとお互い話して
もう悩む必要ないよね?

最終的には、現状維持って
ことで話がまとまりました!

恋する暴君6-6

同居に関する言い合いの後、
まぁ、こういう感じになった
わけなんですけども…

嬉しかったのかな。先輩も
すごく森永を求めてて…
いつもなら絶対名前なんて
呼ばないし。森永のために
言ってる感じなのかもだけど
心も少しずつ開いてくれてる
そんな感じで泣きそうになった。

~ひとこと~

6巻もいろいろありました。
けど最終的には、良かった!!!

ちらほら泣きそうになるシーンが。
涙もろい人はハンカチ用意ですw

これから、先輩と森永は
どうなるのかな??

「俺はホモじゃねぇ!!!!」

「先輩はホモなんかじゃないです。」

「俺だから、特別に
先輩の体が受け入れて
くれてるんじゃないの…?」

きっと先輩は、ずっとホモは受け入れ
られないままなのかもしれない。

それでも、森永を受け入れてる。
森永だから受け入れられる。
そんなふうになって
いくのかもしれないね。