[BL]恋する暴君 第4巻

恋する暴君4

著:高永ひなこ 先生

恋する暴君4-1

電車で、あまりにもマナー
悪くて迷惑な奴がいて、
先輩いきなりそいつの
ケータイへし折りました…。

あり得ない奴だったし、
スカッとしたけれども、極端と
いうかやり方をもうちょっと…

恨みを買わなければいいけれど。

恋する暴君4-2

かなこちゃん、先輩の妹です。

電車での一件の少し後、巽家で
妙なことが怒りだした。

もしかしたら、電車で携帯を
折られた彼からの嫌がらせ
かもしれない、危険だから
…って感じですよね。

確かに、巽先輩は向こう見ずだし
2人いた方が安心だし…。
巽先輩も、そういう気持ち
少しは分かってくれるのかな?

そんな感じで、暫くの間
森永は巽家に世話になる
ことになりました…。

恋する暴君4-3

「自分のせいで大事なものを
危険にさらすくらいなら
自分の身にふりかかってる
方が気楽なんだよ!俺は!」

例の嫌がらせで、森永が
怪我をしてしまうことに…。
それがすごく嫌だったんだろう。

先輩のこういう所、本当に
凄いって思う。けど逆に
心配にもなるところだよね。

だからきっと、ちょっとくらい
強引な森永の存在がちょうど
いい感じになってる気がする。

先輩は迷惑がるかもしれないけど、
これからもそうやって先輩を
気遣ってってくれるといいな。

逆に先輩も、こういう森永だから
大切に思ってるんじゃないかな。

恋する暴君4-4

嫌がらせも落ち着いてきた
かと思われた頃、家が燃やされ、
森永が家具の下敷きになって
死にかけるようなことがあった。

結局、異変に気がついた先輩が
助けに入って、みんな助かった
のだけれど…先輩、すっごい
怖い思いしたんだろうな。
亡くなった母が大切にして
いた家も全て燃えてしまった。

不安で仕方なかったんだろう。
ほんと、みんな助かってよかった。

恋する暴君4-5

不安と恐怖のせいかな?それとも
森永が危険な目にあったから?

先輩が、先輩からキスなんて。

あんなことがあったから、今日は
先輩に絶対手は出しません!!
とか言っていた森永も、さすがに
歯止めが聞かなくなりました。

先輩は先輩で、森永の傷を労り、
森永の存在を確かめるように…

きっかけは嫌なことだったけど、
2人の気持ちがとても近づいた、
そう思える日でした…。

恋する暴君4-6

火事で先輩の家はなくなり、
元々森永も引越し先を探そうと
していたことで、一緒に住めば
いいという話になった2人。

先輩は嫌がってたけど、
かなこちゃん達は大賛成、
というか、先輩が一人暮らしって
のが不安すぎたんでしょうねw

先輩の部屋には鍵をつけるって
条件で同棲?ルームシェア?
するってことに決まりました。

心の距離、先輩の中での葛藤は
きっとまだまだ続いているけど、
少しずつでも近づきますように。

~ひとこと~

いや~大きな事件がありましたね。
結局、たくさんの嫌がらせや
火事は電車の彼が犯人で、
逮捕されたのでもう安心です。

とても怖い思いはしたけど、
2人の気持ちが、たとえ
あの時だけでもすごく近く
感じられたのは、進歩でした。

ルームシェアが始まりますね。
また何かハプニングが起こる?
あまり危ないことにはならない
ことだけ、望みたいと思いますw

では、また次巻で。