[BL]恋する暴君 第1巻

恋する暴君1-1

ホモ嫌いの巽先輩への不毛な
片思いもついに5年目に突入…

一向に進展できずにいる森永に
よく愚痴を聞いていたヒロトくんは
あるプレゼントを用意しておいた。

えぇ、そういうオクスリですよ w

半ば強制的に受け取らされて、
捨てることも出来ず持ち帰った
森永だったけれど、もちろんね、
戸棚の奥の方にしまい込んだ。

「でもホラ…使うわけじゃ
ないから…こう…

このへんの棚の奥に…
しまっておくだけ…。」

ガタ ←どこかの物音

「し、しまっておくだけ
ってゆってるだろー!!」

こんな感じで物凄い挙動不審w
さて、使われる日は来るのか??w

恋する暴君1-2

弟に釘を差そうと電話したら、
情報自体知らなかったらしく
墓穴を掘るはめに…これが
きっかけになって、弟の
巴くんと黒川さんは結婚を
決意してしまうんです ww

巽先輩、もはやキューピットw

-*-*-*-豆知識-*-*-*-

2004年2月

サンフランシスコで
同性の結婚が認められる
ことになりました。

2004年現在の情報です

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

恋する暴君1-3

巴と黒川の件で、今にも暴走
しそうだった先輩のために
とことん付き合いますから
飲みましょうって話になった
わけですが、ただ今、森永は
酒の買い足しに行ってます。

酔っぱらいは大暴れ w
やだこの酔っぱらい、
すげー家探ししてるww

末に棚の奥にしまっておいた
酒瓶に入ったオクスリを発見し
飲み干してしまった!!!

うわーwwこりゃ事件だww

恋する暴君1-4

例のアレを飲んだ先輩は、
その時はただの酔っ払いだった
けれどふと夜中に目を覚ます。

あれ…?…なんか…―
―おかしい…ぞ?

酒を大量に飲んでんのに…
なんでこんなカンジに
なってんだ…?

まぁ、そんな感じになっててね。
森永に見つかったら絶対に
やばいから、バレないように
トイレでなんとかしようと
動こうとしたわけなんですが、
上手く動けなくてこんな状態。

バレちゃいましたよ…w
さすがにね、半ば無理矢理
ヤラれちゃいます、先輩。

森永も途中から理性とか
ぶっ飛んじゃってますからね…。

最後まで嫌がっている先輩も
体が言うことをきかない…。

あぁ、次の日が怖いww

恋する暴君1-5

森永は、本当に好きで好きで
仕方ないだけだった…そんな
彼にあんな据え膳←

まぁ理性も飛びます。
でもね、それで案の定すごい
揉めて、しばらく顔を見せるな
と言われてしまって…。

謝罪と、体調を心配しての
電話をかけてみてもやはり
何ともならなそうな現実。

もう先輩から離れるしか無い。
そんな決心をしてしまった。

先輩は、森永の気持ちを聞いて
何を思っただろう。好きって
気持ちは、とっても楽しいけど、
残酷でもある想いだと感じた。

恋する暴君1-6

森永が姿を見せなくなってから、
彼と話がしたくて何度も何度も
アパートに通い続けたある日。

偶然荷物をまとめに部屋に
来ていた森永を見つけた。

巽先輩の今の思いは、きっと
まだ恋ではないんだと思う。

それでも、森永をとても
大切な存在と思っている
ことに違いはなくて、そう
思う森永だから、彼の思い
もギリで受け入れられる。

彼の中に、たくさんの葛藤
があっただろう。それでも
そういうものを捨ててでも
いなくならないでほしい…。

そう思えるくらいには、先輩は
森永を必要としているんです。

けど…

「俺達って、恋人同士に
なったんですよね…?」

「気持ち悪いこと言うな!!
人をホモみたいに。」

森永の苦悩は続きそうです。

~ひとこと~

っということで恋する暴君
1巻、いかがでしたでしょうか??

この物語は、私が初めて読んだ
BL作品でした。元々はね、
偏見まみれでしたよ。えっ?
BLとか無理、気持ち悪い。なんて
言ってましたよごめんなさい←

でも、この本に出逢えて本当に
良かったと思っています。
あぁ、同姓と言っても好き
って思いは同じなんだなと。

BLが苦手な人や、男性なんかに
言わせると、女用のエロ本でしょ?

なんて言われたことがありますが
確かにそういうシーンばかりの
作品もあるかと思いますが、
ストーリーやキャラクターの
感情がしっかり描かれている
純愛もあるんだよ!!と言いたい。

ま、大抵理解してもらえませんが。

こういう世界観に少しでも興味が
ある方は1度は読んでみてほしい。

いろいろなBL作品読んでますが、
未だにこの作品がダントツ。
(あくまで個人的な感想です)
あ、熱くなりすみません…w

1巻、だからか説明くさい感じが
多くなって文章長ったらしくて
申し訳ない。簡潔にまとめ
られるように努力します…w

今現在、9巻まで出ているので、
1巻ずつ紹介させて頂きます。
(未だ未完結作品です。)

興味がある方、ぜひ
お付き合いください。

こういうのがわからない方
すみません。9巻まで終わる
頃にはBLではない素敵なお話
仕入れときますので、どうか
見捨てずに頂けると嬉しいです。

うわ、一言なのに長すぎ…
すんません。ではまた2巻でww